お肉・お魚

ねっとり酸味が染みる【ローソン&ファミリーマート】ジューシーな豚肉がいっぱい「冷凍&チルド 酢豚」【食べ比べ】

このブログは、みなさまがコンビニをフル活用できる【リアルな情報】を共有します。
ぜひ読んでいただき、コンビニを24時間365日バキバキに利用して下さい。

【この記事を書いた人】
肩書:日本一のコンビニブロガーになる男

名前はアキモトキヨシ、当ブログの管理人。半年間で約200種類600個のコンビニ商品を実食レビュー。「日本一のコンビニブロガー」になるべく、今日もコンビニへ行く。

こんな方にオススメです。
・コンビニをバキバキに活用したい。
・コンビニのラインナップが知りたい
・コンビニの商品はちょっと…気が引ける

今回の結論

ローソンの肉肉!芳醇黒酢の黒酢豚は、タレが異次元レベルでうまい

ようこそ「コンビニモンキーズ」へ

このブログは「コンビニ商品レビュー」「コンビニ3社(セブン、ローソン、ファミマ)商品の比較食べ比べ」を行っています。

このブログをきっかけに、コンビニをより身近に感じて頂ければうれしいです。

それでは、ローソン&ファミリーマート【冷凍&チルド 酢豚】比較食べ比べスタートです。

ローソン&ファミリーマート【冷凍&チルド 酢豚】

ローソン&ファミリーマート【冷凍&チルド 酢豚】レビュー。

ローソンの酢豚たちは黒々と黒光りしています。ファミリーマートの酢豚は、なじみ深いポップな色合いです。

それでは、一社ずつ見ていきましょう。

ローソン「肉肉!芳醇黒酢の黒酢豚」

ローソンの「肉肉芳醇黒酢の黒酢豚」をレビュー。

袋から開けると、黒酢の香りがただよいます。その後に、豚肉・タマネギ・と野菜達の香り
が続きます。


酸味が強めの黒酢タレは、酸味のあとにフルーティーな甘さを感じます。
しょう油感、酸味、フルーティーな甘さのトリプルアタックにメロメロです。
タレをご飯にかけて、タレご飯として一杯いけます。

豚肉がヤバイ。美味です。酢豚の主役「豚肉」が常軌を逸しています。トロトロに煮込まれた豚肉に、黒酢タレがしっかりとしみ込んだ衣がピッタリとくっついています。それが口の中で、溶けて合わさり……天国です


高級中華の酢豚はこのような感じなのでしょうか。
私は高級中華料理屋さんに行った事がないのでわかりませんが、とにかく異次元のウマさです。

ローソン「冷凍 酢豚」

ローソンの「冷凍 酢豚」をレビュー。

長期保存が可能な冷凍酢豚です。かさばらないスッキリとしたパッケージで少しのスキマにスルリと入ってしまうので利便性が高いです。

色の割にあっさりとした味わいです。酸味と甘みのパワーバランスが一緒で、飽きない味付けです。


ニンジンやタケノコがたくさん入っているので、味や食感も豊かです。


豚肉は小ぶりながらもジューシーで、酢豚の主役を堂々とはっています。

 

 

ファミリーマート「酢豚」

ファミマの「酢豚」レビュー。

ファミマ酢豚の色合いの方が、なじみ深いと思います。


こちらの色の方が、野菜達の彩が映えるので、視覚的には楽しいですね。


タレは酸味より甘みの方が強いので、酸味が苦手な方やキッズ達が食べやすい味付けになっています。
お肉も小ぶりで柔らかいので、食べ疲れもありません。


野菜は、トロトロ手前の食感を楽しめるギリギリをきわめています。
柔らかいけど、ちゃんと咀嚼してる!と野菜たべれる感をしっかり味わえます。

 

 

今回の結論

ローソンの肉肉!芳醇黒酢の黒酢豚は、タレが異次元レベルでうまい

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回はローソン&ファミリーマート【冷凍&チルド 酢豚】をご紹介しました。ぜひぜひ明日の「朝食」「ランチ」「ディナー」「おやつ」の参考にしてください。

当ブログ「コンビニモンキーズ」は毎日21時に記事を更新しております。どうぞ遊びに来てください。

また、「この商品を食べ比べて欲しい」「こんな企画をやって欲しい」等のリクエストがございましたら、【記事のコメント】や【お問い合わせフォーム】からご要望頂ければと思います。

「シェア」「リンク」などはご自由に。むしろ、していただけると嬉しいです。

それでは、次回の記事でお会いできるのを楽しみにしております。

 

ABOUT ME
コンビニモンキーズの運営者
名前はキヨシ。1987年生まれ。 大学卒業後、銀行へ就職するも数年で退職。東南アジアを放浪しニート生活を送る。 数年前、社会復帰するも窓際で細々と仕事(ノルマ)をこなす毎日。 生きた「あかし」を残したいと2021年1月、コンビニ商品食べ比べブログ「コンビニモンキーズ」を開設。現在に至るまで毎日更新を継続中。 ブログ開設から半年で約200種類600個のコンビニ商品を実食。もちまえの「食い意地」を原動力に今日もコンビニを徘徊する。 好きな言葉は「心を燃やせ」
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です