おかし

本家より辛い!【ファミリーマート】激辛!!「カラムーチョ炒飯&カラムーチョたち」【商品レビュー】

このブログは、みなさまがコンビニをフル活用できる【リアルな情報】を共有します。
ぜひ読んでいただき、コンビニを24時間365日バキバキに利用して下さい。

【この記事を書いた人】
肩書:日本一のコンビニブロガーになる男

名前はアキモトキヨシ、当ブログの管理人。半年間で約200種類600個のコンビニ商品を実食レビュー。「日本一のコンビニブロガー」になるべく、今日もコンビニへ行く。

こんな方にオススメです。
・コンビニをバキバキに活用したい。
・コンビニのラインナップが知りたい
・コンビニの商品はちょっと…気が引ける

今回の結論

カラムーチョ好きの、カラムーチョ好きによる、カラムーチョのための炒飯

ようこそ「コンビニモンキーズ」へ。

このブログは「コンビニ商品レビュー」「コンビニ3社(セブン、ローソン、ファミマ)商品の比較食べ比べ」を行っています。

このブログをきっかけに、コンビニをより身近に感じて頂ければうれしいです。

それでは、それでは、ファミリーマート【カラムーチョ炒飯&カラムーチョたち】レビュースタートです。

今回はファミリーマートのカラムーチョ愛を確かめるために、本家のカラムーチョを2品用意して食べ比べします。

辛さレベルは
カラムーチョ炒飯>>>>>>>>>>>>スティックカラムーチョ>>>>ポテチカラムーチョ

ファミリーマートのカラムーチョ炒飯はカラムーチョ愛があふれた商品です。
フォントもオバチャンも本家のスナックと同じです。

本家カラムーチョもしっかり用意しました。皆様おなじみのパッケージですね。

赤のパッケージ スティックカラムーチョも併せて用意しました。黒パッケージと比べて、こちらの方が辛い印象を受けます。

カラムーチョ炒飯のお味は……辛い辛い辛い辛い辛い激辛のチャーハンです。
本家カラムーチョより辛いです。


ただ辛いだけでなく、卵やお肉もキチンと入っています。フワフワの卵がこの激辛チャーハンの癒し要素として機能しています。

ポテチ型カラムーチョは甘い印象を受けます。辛と言えば辛いですが、カラムーチョ炒飯が辛すぎて、むしろ甘いと感じました。
舌が完全にマヒしていますね。


スティックカラムーチョは少しだけ辛味を感じました。スティックカラムーチョは甘さが弱く辛さ重視です。

辛さで頭が弱ってきたのか、一緒に盛り付けてみました。
もちもち炒飯の食感とサクサクのポテトスナックがクセになります。

食べるラー油を自作し、なんにでも一味唐辛子をかける私としては、辛さに囲まれているのは非常に幸せな瞬間です。

スティックカラムーチョをパン粉のかわりに揚げ物等で使用したら、辛さをまとった最高の一品ができるのではないか……と夢がふくらむカラムーチョ体験記でした。

 

今回の結論

カラムーチョ好きの、カラムーチョ好きによる、カラムーチョのための炒飯

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回はファミリーマート【カラムーチョ炒飯&カラムーチョたち】をご紹介しました。ぜひぜひ明日の「朝食」「ランチ」「ディナー」「おやつ」の参考にしてください。

当ブログ「コンビニモンキーズ」は毎日21時に記事を更新しております。どうぞ遊びに来てください。

また、「この商品を食べ比べて欲しい」「こんな企画をやって欲しい」等のリクエストがございましたら、【記事のコメント】や【お問い合わせフォーム】からご要望頂ければと思います。

「シェア」「リンク」などはご自由に、ドシドシしていただけると嬉しいです。

それでは、次回の記事でお会いできるのを楽しみにしております。

ABOUT ME
コンビニモンキーズの運営者
名前はキヨシ。1987年生まれ。 大学卒業後、銀行へ就職するも数年で退職。東南アジアを放浪しニート生活を送る。 数年前、社会復帰するも窓際で細々と仕事(ノルマ)をこなす毎日。 生きた「あかし」を残したいと2021年1月、コンビニ商品食べ比べブログ「コンビニモンキーズ」を開設。現在に至るまで毎日更新を継続中。 ブログ開設から半年で約200種類600個のコンビニ商品を実食。もちまえの「食い意地」を原動力に今日もコンビニを徘徊する。 好きな言葉は「心を燃やせ」
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です