スイーツ

甘いだけじゃないからウマイ【プリン】セブン・ローソン・ファミマ コンビニ商品3社 比較食べ比べ

結論

苦みと甘みの究極融合プリンはセブンイレブンのきみだけのプリン

こんばんは!!キヨシです!!

今回ご紹介する商品は、プリンです。

子供の時に大好きだったスイーツの一つです。プリンと一概に言っても、カラメルの有無・プリン本体の硬さ・舌触りの滑らかさ等々みんな違って非常に楽しいスイーツです。

この記事を読んだ皆様は、お店のプリン売り場でいろいろなプリンを探して楽しんで下さい。

それでは、コンビニ3社【プリン】比較食べ比べスタートです。

パッケージ

セブンイレブン きみだけのプリン
「黄身」と「君」をかぶせています。

ローソン プークリム
「プリン」と「クリーム」を合体させた言葉です。

ファミリーマート 窯出しとろけるプリン
窯から出したとの事です。

集合写真

中身&実食です

セブンイレブン きみだけのプリン
ツルンとのど越しが非常にいいです。プリン自体は甘いのですが、甘いだけでなく苦みのような味も感じるので、非常に奥深い味わいになっています。甘すぎないので、飽きずに最後まで食べ進められます。食後にピッタリのプリンです。

ローソン プークリム
クリームの役割も考慮してか、プリンの甘みは控えめです。プリン自体は硬めで、生クリームのフワフワ感とのコントラストを楽しめます。プリンの「甘さ」と「硬さ」この両方が生クリームとの相性を考えられて作られているので、大満足な一品かと思います。

ファミリーマート 窯出しとろけるプリン
うはぁ~~~。もの凄い甘いですわ~~。そんでもって口に入れるとすぅ~~~っと消えていきます。窯出しかどうかはわかりませんが、とろけるプリンなのは間違えないです。この甘さと食感は深夜に食べたくなる味です。

集合写真

感想&まとめ

3社3様みんな違って、みんな美味しいプリンを味わいました。硬さも甘さもそれぞれの領域で非常にハイレベルな戦いが繰り広げられました。その中でも苦みと甘みの調和が素晴らしく、値段もお手頃なセブンイレブンのプリンを今回のベストプリンにしたいと思います。

セブンイレブン ローソン ファミリーマート
甘さ&苦み=奥行き プリンとホイップの相性ナイス 甘さ極まる
くちどけ つるりん モグモグ食感 とけるように消える
(税込金額) 159円 240円 149円
一言 食後にピッタリ 3時のおやつ 深夜に食べると背徳感◎

またねっ。

結論

苦みと甘みの究極融合プリンはセブンイレブンのきみだけのプリン

モンブラン最終形態!!【モンブラン】セブン・ローソン・ヤマザキ コンビニ商品3社 比較食べ比べセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートの【モンブラン】を比較食べ比べした記事です。失敗しないスイーツ選びに活用下さい。今日は料理の手間を省いて、お家でゆっくりしませんか。...
ABOUT ME
コンビニモンキーズの運営者
名前はキヨシ。1987年生まれ。 大学卒業後、銀行へ就職するも数年で退職。東南アジアを放浪しニート生活を送る。 数年前、社会復帰するも窓際で細々と仕事(ノルマ)をこなす毎日。 生きた「あかし」を残したいと2021年1月、コンビニ商品食べ比べブログ「コンビニモンキーズ」を開設。現在に至るまで毎日更新を継続中。 ブログ開設から半年で約200種類600個のコンビニ商品を実食。もちまえの「食い意地」を原動力に今日もコンビニを徘徊する。 好きな言葉は「心を燃やせ」
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です