クリーム系

かつてないほど高コスパ【セブンイレブン】本格お茶処も脱帽「伊藤久右衛門監修 ほうじ茶クレープ」【商品レビュー】

このブログは、みなさまがコンビニをフル活用できる【リアルな情報】を共有します。
ぜひ読んでいただき、コンビニを24時間365日バキバキに利用して下さい。

【この記事を書いた人】
肩書:日本一のコンビニブロガーになる男

名前はアキモトキヨシ、当ブログの管理人。半年間で約200種類600個のコンビニ商品を実食レビュー。「日本一のコンビニブロガー」になるべく、今日もコンビニへ行く。

こんな方にオススメです。
・コンビニをバキバキに活用したい。
・コンビニのラインナップが知りたい
・コンビニの商品はちょっと…気が引ける

今回の結論

セブンのほうじ茶クレープはウマさと香りが専門店をも凌駕する。

ようこそ「コンビニモンキーズ」へ。

このブログは「コンビニ商品レビュー」「コンビニ3社(セブン、ローソン、ファミマ)商品の比較食べ比べ」を行っています。

このブログをきっかけに、コンビニをより身近に感じて頂ければうれしいです。

それでは、それでは、セブンイレブン【伊藤久右衛門監修 ほうじ茶クレープ】レビュースタートです。

 

※このクレープを食べてしまうと、お茶専門店のスイーツを1000円近く払って食べるのが悲しくなってしまうのでご注意ください。

鼻を突き抜けるほうじ茶の香り、舌にまとわりつくほうじ茶クリーム。
戦国武将に食べさせたら、戦争を止めるレベルのウマさ。


焼き目が美しいですね。


まだら模様のクレープ生地から、ほうじ茶クリームが透けて見えます。

断面図どうでしょうか。左の薄い層が、特濃ほうじ茶ねっとりクリームです。右の厚い層はチョコレート主体のフワフワクリームです。

ほうじ茶クリームだけを食べると、セブンイレブンのほうじ茶クリームに対する情熱を感じれます。
鼻を突き抜け天にまで届く勢いで広がる香り、ねっとりとしたクレープが舌にまとわりつき、ほうじ茶の味を長く深く味わえます。至福・僥倖。

甘すぎない、大人のスイーツをぜひお楽しみください。

勝手な妄想ですが、茶聖 千利休と一緒に食べたいです。
和と洋が合体した、現在のスイーツを当時最高のお茶と共に食べてみたいなぁ。

 

 

今回の結論

セブンのほうじ茶クレープはウマさと香りが専門店をも凌駕する。

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回はセブンイレブン【伊藤久右衛門監修 ほうじ茶クレープ】をご紹介しました。ぜひぜひ明日の「朝食」「ランチ」「ディナー」「おやつ」の参考にしてください。

当ブログ「コンビニモンキーズ」は毎日21時に記事を更新しております。どうぞ遊びに来てください。

また、「この商品を食べ比べて欲しい」「こんな企画をやって欲しい」等のリクエストがございましたら、【記事のコメント】や【お問い合わせフォーム】からご要望頂ければと思います。

「シェア」「リンク」などはご自由に、ドシドシしていただけると嬉しいです。

それでは、次回の記事でお会いできるのを楽しみにしております。

ABOUT ME
コンビニモンキーズの運営者
名前はキヨシ。1987年生まれ。 大学卒業後、銀行へ就職するも数年で退職。東南アジアを放浪しニート生活を送る。 数年前、社会復帰するも窓際で細々と仕事(ノルマ)をこなす毎日。 生きた「あかし」を残したいと2021年1月、コンビニ商品食べ比べブログ「コンビニモンキーズ」を開設。現在に至るまで毎日更新を継続中。 ブログ開設から半年で約200種類600個のコンビニ商品を実食。もちまえの「食い意地」を原動力に今日もコンビニを徘徊する。 好きな言葉は「心を燃やせ」
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です