めん類

即買いトマトカルボナーラ【ローソン】HOT vs 冷製「レッカル&冷製レッカル」【商品レビュー】

このブログは、みなさまがコンビニをフル活用できる【リアルな情報】を共有します。
ぜひ読んでいただき、コンビニを24時間365日バキバキに利用して下さい。

【この記事を書いた人】
肩書:日本一のコンビニブロガーになる男

名前はアキモトキヨシ、当ブログの管理人。半年間で約200種類600個のコンビニ商品を実食レビュー。「日本一のコンビニブロガー」になるべく、今日もコンビニへ行く。

こんな方にオススメです。
・コンビニをバキバキに活用したい。
・コンビニのラインナップが知りたい
・コンビニの商品はちょっと…気が引ける

今回の結論

朝・昼は「冷製レッカル」夜は「HOTレッカル」で決まり!!

ようこそ「コンビニモンキーズ」へ。

このブログは「コンビニ商品レビュー」「コンビニ3社(セブン、ローソン、ファミマ)商品の比較食べ比べ」を行っています。

このブログをきっかけに、コンビニをより身近に感じて頂ければうれしいです。

それでは、それでは、ローソン【レッカル&冷製レッカル】レビュースタートです。

レッカル&冷製レッカル 比較

レッカルとは「レッド+カルボナーラ=辛い+カルボナーラ」の略称です。
ローソンでは、このレッカルを「熱い」のと「冷たい」の両方を一気に売り出しました。

監修はなんと、大手パスタチェーン店のポポラマーマです。

前回の「トラジ監修 冷麺」と同じ雰囲気です。
少なめサイズのメチャおいしいシリーズです。


「左がHOT」で「右がCOLD」レッカルです。


ざっとまとめました。

HOTレッカル 冷製レッカル
ソース 濃厚ピリ辛カルボナーラ ピリ辛トマトクリーム
高弾力もっちもち ぷりぷりアルデンデ
(税込金額) 399円 399円
一言 こってり濃厚チーズソース さっぱり濃厚クリーミー

レッカル

パッケージはシンプルですね

香りはトマト感が強いですね。トマトの香りの後に、ガーリック風味でベーコンの香ばしさを含んだチーズクリームの匂いがします。

チンすると、クリームが溶け出して麺に絡んでいきます。


よーく混ぜます。
もっちり麺にソースをよく絡ませて、頂きます。
ピリリと辛い濃厚チーズソースはコクと深みが専門店レベルです。
ガーリックの風味が食欲をガンガンに刺激して、ドンドン食べちゃいます。


コッテリなソースですが、トマトの酸味が後味をスッキリさせてくれるので、クドさは感じません。


にんにくの香りや、チーズソースがガッツリなので、見た目以上に満腹感があります。
麺が驚くほどもっちりしているので、食べるのが楽しいカルボナーラです。
アツアツでどうぞ!!

 

冷製レッカル

冷製レッカルは涼しげな容器です。

冷製レッカルにはブロッコリーが入っています。

内部構造はシンプルです。 ソースとパスタ。 和えるだけです。

トマトの香りがHOTレッカルと比べ強いです。辛さは控えめで、コッテリというよりクリーミーなカルボナーラです。麺はツルツルシコシコプリプリでのどごし最高です。


冷製レッカルはガーリックが入っていませんので、時と場所を選ばない一品です。

トマトの果肉も入っており、酸味もシッカリと効いているので、クリーミーながらとてもサッパリ頂ける冷製パスタです。

表現が難しいですが、サッパリクリーミーな冷製パスタです。

 

今回の結論

朝・昼は「冷製レッカル」夜は「HOTレッカル」で決まり!!

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回はローソン【レッカル&冷製レッカル】をご紹介しました。ぜひぜひ明日の「朝食」「ランチ」「ディナー」「おやつ」の参考にしてください。

当ブログ「コンビニモンキーズ」は毎日21時に記事を更新しております。どうぞ遊びに来てください。

また、「この商品を食べ比べて欲しい」「こんな企画をやって欲しい」等のリクエストがございましたら、【記事のコメント】や【お問い合わせフォーム】からご要望頂ければと思います。

「シェア」「リンク」などはご自由に、ドシドシしていただけると嬉しいです。

それでは、次回の記事でお会いできるのを楽しみにしております。

ABOUT ME
コンビニモンキーズの運営者
名前はキヨシ。1987年生まれ。 大学卒業後、銀行へ就職するも数年で退職。東南アジアを放浪しニート生活を送る。 数年前、社会復帰するも窓際で細々と仕事(ノルマ)をこなす毎日。 生きた「あかし」を残したいと2021年1月、コンビニ商品食べ比べブログ「コンビニモンキーズ」を開設。現在に至るまで毎日更新を継続中。 ブログ開設から半年で約200種類600個のコンビニ商品を実食。もちまえの「食い意地」を原動力に今日もコンビニを徘徊する。 好きな言葉は「心を燃やせ」
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です