ごはん類

まるで炊き立て【コンビニ3社】アツアツふっくら「パックごはん」【食べ比べ】

このブログは、みなさまがコンビニをフル活用できる【リアルな情報】を共有します。
ぜひ読んでいただき、コンビニを24時間365日バキバキに利用して下さい。

【この記事を書いた人】
肩書:日本一のコンビニブロガーになる男

名前はアキモトキヨシ、当ブログの管理人。半年間で約200種類600個のコンビニ商品を実食レビュー。「日本一のコンビニブロガー」になるべく、今日もコンビニへ行く。

こんな方にオススメです。
・コンビニをバキバキに活用したい。
・コンビニのラインナップが知りたい
・コンビニの商品はちょっと…気が引ける

今回の結論

ローソンの南魚沼産コシヒカリは旨味バツグンで最高のモチモチ感

ようこそ「コンビニモンキーズ」へ

このブログは「コンビニ商品レビュー」「コンビニ3社(セブン、ローソン、ファミマ)商品の比較食べ比べ」を行っています。

このブログをきっかけに、コンビニをより身近に感じて頂ければうれしいです。

それでは、コンビニ3社【パックごはん】比較食べ比べスタートです。

パッケージ、成分表&中身です。

商品のパッケージ、成分表&中身を見ていきましょう。
セブンイレブン 宮城県産 ひとめぼれ

ローソン 南魚沼産 コシヒカリ

ファミリーマート ごはん
ファミリーマートはノーブランドのお米を使用しています。

集合写真

いざ、実食!

さぁさぁ、食べましょう!

セブンイレブン 宮城県産 ひとめぼれ
粘りと甘みが強いひとめぼれをチンするだけ食べれるなんて幸せです。
粒の一粒一粒が非常に大きいです。モチモチでアツアツの仕上がりはまるで炊き立てのようです。

 

ローソン 南魚沼産 コシヒカリ
あ、これヤバいやつです。お米がマジでうまいです。旨味がとにかく強くて、白米だけでガンガン食べれるヤツです。オカズと合わせるというより、お米本来の美味しさを味いたいので、塩やお新香と一緒に食べたいおいしさです。

ファミリーマート ごはん
108円とお手頃価格のパックご飯にもかかわらず、もちもちしたお米が食べれます。お米は炊き立てが一番なのは間違えないです。が、パックご飯の技術も日々進化しており、レンジでチンするだけでも大満足のご飯が食べれる時代にたっています。

レンジでチンorお湯で温める どちらがオススメ

余談ですが、パックご飯の料理方法は二種類あります。
「レンジでチン」「お湯でボイル」の2つです。

「レンジでチン」の特徴……とにかくラクチン。調理後わりとすぐにご飯がカピカピになる。

「お湯でボイル」の特徴……わりとめんどくさい。水分を多く含んだ状態でご飯が温められるので、仕上がりがよりモッチリになる。

今回のまとめ

今回の比較食べ比べをざっとおさらいします。

セブンイレブン ローソン ファミリーマート
お米全般 粘りと甘みGOOD 旨味がとにかく強い 旨味と甘みは控えめ
食感 モチモチ×2 モチモチ×7 モチモチ×4
(税込金額) 132円/200g 151円200g 108円/180g
一言 クセが無く食べやすい 南魚沼産はスゴイ! 少しコメのクセがある
今回の結論

ローソンの南魚沼産コシヒカリは旨味バツグンで最高のモチモチ感

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回はコンビニ3社【パックごはん】をご紹介しました。ぜひぜひ明日の「朝食」「ランチ」「ディナー」「おやつ」の参考にしてください。

当ブログ「コンビニモンキーズ」は毎日21時に記事を更新しております。どうぞ遊びに来てください。

また、「この商品を食べ比べて欲しい」「こんな企画をやって欲しい」等のリクエストがございましたら、【記事のコメント】や【お問い合わせフォーム】からご要望頂ければと思います。

「シェア」「リンク」などはご自由に。むしろ、していただけると嬉しいです。

それでは、次回の記事でお会いできるのを楽しみにしております。

ABOUT ME
コンビニモンキーズの運営者
名前はキヨシ。1987年生まれ。 大学卒業後、銀行へ就職するも数年で退職。東南アジアを放浪しニート生活を送る。 数年前、社会復帰するも窓際で細々と仕事(ノルマ)をこなす毎日。 生きた「あかし」を残したいと2021年1月、コンビニ商品食べ比べブログ「コンビニモンキーズ」を開設。現在に至るまで毎日更新を継続中。 ブログ開設から半年で約200種類600個のコンビニ商品を実食。もちまえの「食い意地」を原動力に今日もコンビニを徘徊する。 好きな言葉は「心を燃やせ」
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です